コンタクトレス

最近のロンドン、コンタクトレスが増えてきてる。コンタクトレスとはデビットカードを差し込まず「ピッ」と触れるだけで決済ができるしくみのこと。限度額は20ポンドまでだからランチ程度の支払いしかできないけれど、オイスターカードの代わりに使えるようになったからちょっとすごいよね〜!と思って使ってみました。

赤でかこったところに見えるマークがあるカードは使える…ってこのゴールドカード、マークが無い気がするんだけど…?

赤でかこったところに見えるマークがあるカードは使える…ってこのゴールドカード、マークが無い気がするんだけど…?(宣伝から)

恐る恐る、今日初めて自分のデビットカードで試してみたら…改札開きました!でもオイスターカードなら課された金額が改札に出るけどこれは出ない。当たり前か…。残高が出ても困るけど…。

こうやって地下鉄だって乗れてしまう。今のところ間違えてチャージされたって話は聞かないな。

ウェブサイトで見つけた模範解答(笑)こうやって地下鉄だって乗れてしまう。今のところ間違えてチャージされたって話は聞かないな。

これまでバスに乗りたくてオイスターカードをピッとやったら「はい、残高ありません。降りてください」ってこともあったことを思えばラクかも。その代わりカードの詳細から私の行動がシステムに掌握されちゃうようでちょっとイヤだけど、便利は便利だね!

 

Posted in Journal, Travel, Uncategorized | Tagged , , , | Leave a comment

かわいい噴水、発見

この噴水、以前お届けしたサーペンタインギャラリーの別館前庭に現在設置されています。

すごい楽しい噴水。こんなすごいモダンな噴水がしっくりくるのがロンドンの良いところだと思います。古いものと新しいものが混ぜ合う、そんなところ。

Bartland Lavierという作家によるもの。来年の10月4日まで設置されています。

Bartland Lavierという作家によるもの。来年の10月4日まで設置されています。

Posted in Art, Culture, Journal, Travel | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

ルタバガの漬け物

ルタバガ?

は?って思いませんでしたか?それもそのはず、日本ではまだ限られた場所でしか手に入らないようです。とかいって、全然ブルジョワな野菜じゃないんですけどね。元々、悪条件でも育つ上、日持ちする野菜っていうので、ヨーロッパでは戦争中の食糧難の時によく栽培されたといいます。出身はスウェーデンですって。まぁ、ちょっと地味で人気も低めな野菜って感じです。でも、最近作ったこのルタバガの漬け物がすごく美味しかったのです!

これこれ、これがルタバガの漬け物

これこれ、これがルタバガの漬け物。断面図は大根っぽい。

イギリスのスーパーではSwedeといって売っていることが多いです。スウェーデンから来ただけに。日本ではルタバガもしくはスウェーデン蕪と呼ぶようです。前から、「蕪に似てるよなぁ」と思っていたのですが植物としては蕪ではなくセイヨウアブラナなのだそうです。

ほんわりピンクでかわいいルタバガの漬け物

ほんわりピンクでかわいい、これはターニップの漬け物

ここのところ、いろんな野菜をぬか床に漬けては楽しんでいる私です。カリフラワー、ブロッコリにターニップそれにアボカドと、つけられるものならなんでも!

これも美味しかった。ブロッコリーは菜の花のような感じ。

これも美味しかった。ブロッコリーは菜の花のような感じ。

ルタバガの漬け物は、食感としては大根の漬け物っぽいです。欧米では手に入り易いルタバガ、食物繊維並びにビタミンCが豊富だそうです。冬は寒いから根菜の漬け物を楽しもうっと…。

Posted in Culture, Handmade, Healthy Living, Journal, Uncategorized | Tagged , , | Leave a comment

マーケット無事に終了しました!

今日はプリムローズヒルでマーケットに参加しており、先ほど家に戻ってきました〜!会場となった教会は予想以上に素敵でびっくりしました。

教会ですが、現在教会としてのお役目は終わったらしく、このように多目的ホールとして貸し出ししている様子でした。

教会ですが、現在教会としてのお役目は終わったらしく、このように多目的ホールとして貸し出ししている様子でした。

セットアップもスムーズに済み、天気も晴れ。よっしゃぁ!といったところです。ところが、常連のトレーダーが「一体これはどうしたことだ!?」と首を傾げるほど客足が少なかったのです!私なんて途中静かすぎて寝そうになりました。でも、客足が減るとトレーダー同士で「どこのマーケットが良いか?」とか「オンラインではどうしてる?」などのすごく現実的な情報交換もできます。

ザッツ教会なアルコーブのある美しい建物でした。

ザッツ教会なアルコーブのある美しい建物でした。

そんな中、ちょっと怖いものみたさでタロットに「私の今日のマーケットの成果ってどんなもんでしょうか」と軽ーく尋ねてみると出てきたのはカップの10。

カップの10さん。幸せ〜なオーラが漂います。

カップの10さん。幸せ〜なオーラが漂います。

むむむ、微妙。良いカードではありますが、ビジネス的視点から見るとそれほどのスケールは望めなさそう…。これがペンタクルの10とかエース、カップの9なら話は別ですが…。うーむ、どんな感じなんでしょうね?

これがペンタクルの金運カード(笑)左が10で右が1、エース。

これがペンタクルの金運カード(笑)左が10で右が1、エース。

良い事はいいけど微妙な感じがしたので、私はあるカードをディスプレイに置いて「福を呼ぶ」(笑)ことにしました。そのあるカードとは、私の中では七福神の「えべっさん」クラスに相当するミスター・カップの9です!

たらーん。このドヤ顔がたまらい9さんです。

たらーん。このドヤ顔がたまらない9さんです。

ま、こんなタロットカードの使い方は初耳ですが、ディスプレイで必要だったのでどうせなら縁起の良いカードを…と思った次第です。成果はいかに…!?

それがね、ものすごかったんですよ!何がすごかったかっていうと私に会いにみんな来てくれた!前の職場や前の前の職場からも、1年以上会ってなかった友だちも6月に生まれた双子の赤ちゃんと一緒に来てくれました!最近ゴッドマザーとして乳幼児と関わる機会が多く、改めて思うのですが、生まれて数ヶ月の赤子を連れての外出って本当に大変。そんな中4ヶ月の赤子たちと遊びに来てくれたMちゃんには感謝と共に改めて尊敬しちゃいました。

10時からセットアップ。つい立てなんていうスバラシイ小道具も貸してくれました!

10時からセットアップ。つい立てなんていうスバラシイ小道具も貸してくれました!

また、紅茶の差し入れをしてくれたMさん、ベルギーのお土産だよーといってチョコレートをくれたCちゃんもありがとう!ケトルぐらいあるかなと思っていたら何もなく、持ってきた水も底をつきそうな時にあったかい紅茶、生き返りました。(笑)今度ゆっくりお茶しましょう♡

よく「…で、メイドイン、どこなの?」とよく聞かれました。その度に「私がロンドン」と答えました。

「…で、メイドイン、どこなの?」とよく聞かれました。その度に「私がロンドンよ」と答えました。

他にも、トーキョー♡なアイルランド女子やフィンランド女子と楽しくお話することができました。ロンドンでは週末、運休となる地下鉄路線も多い中、よくぞ来てくださいました!Cちゃんなんて某駅から電車がなくて20分てくてく歩いて来てくれたって…泣かせます。しかも片付け手伝ってくれました。カップの10はそんな「家族愛」のようなほんわかした愛について語ってたのね〜♬って思った次第です。これもそれも全部水星逆行のなせる技なのか、宇宙の流れを感じてにんまり。

本当にありがとうございました。私、幸せ〜🎶

Posted in Art, Culture, Fashion, Handmade, Healthy Living, Journal, Spiritual | Tagged , | Leave a comment

魅力一杯のサーペンタインギャラリーとマーケットのお知らせ☆

久しぶりにサーペンタインギャラリーへ行ってきたのです。歩いて。

シャンデリアは点いたり消えたりする

シャンデリアは点いたり消えたりする

この頃、自転車で通る道を歩くと思わぬ発見があるので気に入ってます。自転車だとスピードが速すぎて見逃している風景がいっぱいあると、最近ニューヨークとサンフランシスコの街を歩いている時に思いました。ロンドン然り。

サーペンタインギャラリーの別館が本館から徒歩10分ほどの場所にできていたのは、自転車でいつも通っていたので知っていました。でも、行くのはこれが初めて。

バックグラウンドには小説がネオンサインで

バックグラウンドには小説がネオンサインで

『もっと早くに行っておけば良かった!!!』と思うほど、私のツボを刺激するギャラリー。もともと、サーペンタインギャラリーは無料のギャラリーでありながら、いつもすごーく私にとってツボな企画展をやるので大好きです。公園内っていうのも◎。

むき出しの空間に繊細なガラスのオブジェが映える

むき出しの空間に繊細なガラスのオブジェが映える

今回はCerith Wyn Evansのインスタレーションをやっていました。光と音による演出が、身体に染み渡るようで気持ち良い!シャンデリアのような照明もあれば、照明なのか楽器なのかわからないオブジェもあって素敵でした。

さて、お知らせです!

今週の日曜日、10月19日、ハムステッドにあるとても美しい教会でクラフトマーケットに出店します。ロンドンに滞在中の方、お住まいの方、お時間がありましたら是非のぞいてくださいね!総勢25名のアーティストやクラフターが出店します。一足早く、クリスマスのプレゼントを選ばれてはいかがでしょうか。当日はカップケーキやドリンクも販売するようです。フェアのフェイスブックページも最近作られました。まだまだローカル以外には知られていないとっておきのマーケット、是非お越し下さい!

セントスティーブンズフェア(St Stephen’s Fayre)住所はPond Street, Hampstead. London NW3 2PP。最寄り駅はOvergroundのHampstead Heathから徒歩5分もしくはNorthern LineのBelsize Parkから徒歩10分です。

banner etsy

お待ちしていま〜す!

 

Posted in Art, Culture, Handmade, Journal, shopping | Tagged , , , , , , | Leave a comment

そしてテートブリテンのすごいところ

前回も書きましたが、私はテートブリテンの方が好きです。ここってモダンよりラッキーなんですよね。古典がたくさんある空間で現代の作品も展示できるわけだから。

今回もギャラリーのホールを使って大掛かりなインスタレーションが展示されていました。

ところせましと作品が設置されて…

ところせましと作品が設置されて…

その周辺でスケッチをする高校生のみなさん。最近、美術館での写真撮影が解禁となったので割とみんな大胆に写真に納めてました。というわけで私も♡

座り込んでいるのが高校生たち

座り込んでいるのが高校生たち

こちらは、ターナーの常設展示場の奥にある個室でやっていた特設展。私の好きなデンマーク出身のアーティスト、Olafur Eliassonの作品。

リングが9枚並んでます。すごーい迫力

リングが9枚並んでます。すごーい迫力。クリックして大きく見れます。

それぞれのドーナツの前で佇むと色のエネルギーを感じられます。ドーナツの前によっては音も聞こえたり…しました。

これが私のお気に入りのドーナツ

これが私のお気に入りのドーナツ

 

Posted in Art, Culture, Healthy Living, Journal, Travel, Uncategorized | Tagged , , , | Leave a comment

やっぱり、テートブリテン

奈良さんの個展の後、何となくアート鑑賞気分が戻ってきた私。見たいものがたくさんあります。(これについては、アートとハートウォールの関係について書いたブログ、「ハートウォール、その後」をお読みください。)

今の私のエネルギーに合った作品を探しているうちに行きたくなったのがTate Britain。何が見たかったかというと、ターナーの作品とラファエル前派の作品。

IMG_5357

改装されてモダンになってたブリテン。私の大好きな鱗模様が…!

高校生のころ予備校のアトリエに通っている頃に出会ったのがターナーの水彩画。彼がイタリアの遺跡を旅しながらスケッチした作品はロマンチックで今でも大好き。現在、ターナーの企画展もやっていますが私は敢えて静かな常設展へ。

彼が旅行をした時代から(当たり前ですが)ローマに遺跡はありました。今よりも断然無法地帯な感じがします。ごろん、ごろんと転がる柱とか…(笑)そんなのが夕陽や朝日に照らされてそれはもう…。そのピッと光ってるところをなんとも言えないサーモンピンクみたいなのでチョロっと表現しているのが「くぅっ」て感じなんですよね〜。大好き。そんな風に断然風景画家として有名なターナーですが、作中には人物も登場する場合があります。でも「これきっと本人も嫌だろうに…(笑)」という位、自信なさげなタッチなんですよねぇ。思わず笑ってしまいます。

数百年前のローマの夕陽を独り占め…

数百年前のローマの夕陽を独り占め…

そしてラファエル前派の展示へ。ミレーやらロセッティが有名。彼らの描く骨太の女性がもうそりゃぁ魅力的で…。今も時々、彼らの描く女性と同じタイプの顔をした人を見かけます。料理家のナイジェラ・ローソンとかこんな感じかもしれない。

手前はラフぇエル前派の作品がメインの展示室。その向こうには超現代の作品が。工事をしているわけではありません。

手前はラフぇエル前派の作品がメインの展示室。その向こうには超現代の作品が。工事をしているわけではありません。

顔はさておき、私がこの時代の絵で何が好きかというとファッション!というかファッションの描き方に興味があるんです。素材でいうとベルベットが多く、デザインも東洋趣味みたいな、オリエントっぽいジャカード織っぽい縁取りがあったりして正に私の気分☆

これは正にラファエル前派の気分で作ったシリーズ。もう色と素材がもろにあの時代です。

これは正にラファエル前派の気分で作ったシリーズ。もう色と素材がもろにあの時代です。

私の作品はEtsyで販売しております。よかったら覗いてみてくださいね。

 

Posted in Art, Culture, Fashion, Handmade, Journal, Travel | Tagged , , , | Leave a comment