歩きながら辿り着く、瞑想の世界 ーストリートウィズダム後半ー

最近、瞑想がもたらすメリットについて色んな言語の記事を目にします。

みなさんは瞑想をしますか?

私は、すべての変化が始まり出した6年前にやり始めました。瞑想のクラスみたいなのに通い始めたのです。そこでは先生がガイドしながら瞑想をします。そのクラスは、先生ともメンバーとも相性がよく楽しめました。でも家で、当時働いてた職場の自分の部屋でやろうとすると、どうしても集中できない。平和な気持ちになれない。ざわつく。そのざわつきは、「あ、この箱片付けないと!」っていうものから「何であんなこと言われたんだろう?」まで様々。とにかくうるさい。(笑)

ストリートウィズダムの後に行きついたサーペンタインギャラリーにあったインスピレーション
ストリートウィズダムの後に行きついたサーペンタインギャラリーにあったインスピレーション

ところが、私の変化が急速に進んだ昨年の夏、瞑想で辿り着く状態に他のことをしている時に辿り着いていることがわかりました。詳しくは「自分に合った方法をみつけよう!」というブログに書いていますので、ぜひご一読を。

今回私が参加したストリートウィズダムでは、オープンマインドで街を歩き自分の探している答えを探そうという活動をしています。前半のウォーミングアップの後、今度は1時間というスパンで散策をしました。私だけでなく、参加者にとっては慣れ親しんだソーホーというエリア、迷うのは難しいのですが、所謂「ここはどこ?!」状態の迷子にはなれなくても、いつもと違うルートを意識して選択することによって思いがけない発見がありました

私の場合は、Phoenix Gardenという小さいコミュニティガーデンです。ミュージカルシアターとチャイナタウンのあるシャフツベリーアヴェニューを北上して左に大きなフォイルズという書店があるのですが、その西側にあるブロックの裏に見つけたガーデン。まず、その辺りにあんなにたくさんのアパートがある、つまり「人が住んでいる」とは思いませんでした。そのアパート群の谷間のようなところにある庭。荒れているような荒れていないような微妙な感じ。でもすご〜くハートのチャクラがびんびんくる感じ。不思議な庭でした。ポスターによると区からの財政補助ではなく、個人の寄付によってのみ運営されている庭とのことでした。でも、天気が悪かったせいもありますが、私以外誰もいない。この公園に「意味」があるんではなく、意識していつもと違う道を歩くことによって、新しい発見があるという経験に意味があったと思います。

ベンチがたくさんあって、それぞれに思わせぶりなフレーズが彫ってある。ピンとくるものは無かったけれど…。
ベンチがたくさんあって、それぞれに思わせぶりなフレーズが彫ってある。ピンとくるものは無かったけれど…。

その後、いつものルートに戻り「今度はどっちへ曲がろうかな〜」なんて考えていると、一緒に参加した友人のジェイミーとばったり。しかも2回も!!ジェイミーと私は年代も同じだし、お互い先生をやっていたこともあり、思考回路が似ているところがあります。私もジェイミーも結局、「ここのカフェに11時半までに戻って来てね」という縛りが気になり、とてつもない冒険に出れずにいたのでした。でも、結局のところ、このアクティビティは「日常レベルで」このストリートウィズダムをやるためのきっかけに過ぎないのです。

カフェに戻り、お互いの経験を話し合いました。

なぜか一番に話した私。最初のウォーミングアップで見た窓の映り込み然り、結局「すべてはここ=今=自分にある」のだということ。歩いている時に、ジェイミーとばったり会ったこと、なぜかシアターのステージドア(役者や舞台関係者の裏口)ばかり目にしたこと、そろそろ戻るかと時計を見た時に時刻が11:11だったこと…すべて「そう、それで良いんだよ〜、カエコ合ってる合ってる…」ということを、私自身がシンクロニシティというサインとして自分に見せていたに過ぎないんですよね。

だから「ほっ」としました。(笑)

参加者の1人Cは、去年の10月に仕事を辞めて今岐路に立たされている、と本人は感じていました。Cの経験を聞いていると、私には「枠組みを壊せ」だとか「習慣から自由になって」みたいな内なる彼女自身のメッセージを感じたのですが…。Cは、答えというのは「誰かや何かからもたらされる」のが本当だと思っているんですね。だから、「こんなことがあって…。すれ違った人から〇〇って言われて、でも私は迷えなくて。それは私の頭にここの地理が入ってるからで…」とこんな感じなんですね。だから口を挟みました。「Cの話を聞いてて私が感じるのはね、その地理が頭に入ってる〜って感じた経験そのものが、Cに《枠の外へ出ろ》っていうメッセージな気がするんだけど?」と。Cは、アクティビティの後、お名残惜しそうにその場を去って行きました。もうちょっと話していれば答えが見つかるかも?と思ったのかも知れません。

確かに、彼女の考えが私の口から紡ぎ出されることは有り得るけれど、本人が心底「自分の中に答えがある」ことを実感として持っていないと、結局は「借り物」で終わってしまうんだな〜ということです。最初はそれでも良いんです、要するにきっかけですから。でも本当の変化は自分の内から加速するんです。
さて、ジェイミーと私はその後カフェへ。散策中にコヴェントガーデンで見つけたカフェは生憎満杯。むかーし行ったポルトガル系のカフェ、カネラへ。私が選んだ場所なのですが、別れ際にジェイミーが4月にポルトガルへ行くのよ〜と!ここでもシンクロですね。ジェイミーのポルトガルへ行く!っていうワクワクを私が感じて選んだわけですよ、無意識に。(笑)

コヴェントガーデンって何度来ても、どんなに変わってもかわいいんだよね。
コヴェントガーデンって何度来ても、どんなに変わってもかわいいんだよね。

さて、カフェでジェイミーがこんな素敵なことを言ってくれました。彼女とはクリスマスに私が主催したクラフトマーケットで知り合いました。たまたま(であってたまたまじゃないんだな…コレが)声をかけた作家の1人が彼女でした。彼女はアメリカ出身ですが、5年ごとにいろんな場所に拠点を移して来てるんですね。計画的に。ロンドンの後は、両親の住むエリアに戻って彼らの世話をするんだ〜と言ってました。両親が亡くなったらまた旅に出たいと。「こうやってカエコとさ、今この時に私たちの道が重なって良かったわ〜。(私はアメリカに戻ってしばらくそこにいることになるけれど)カエコはまだ旅の途中だよね。

そんな時、フィンランド人の友人Mが言ったことを思い出しました。

それは私が初めてフィンランドへ行った時のこと。2005年だか2006年です。ヘルシンキで、異様なテンションでお店を見て回る私がマリメッコの作るマリボールを買おうかなぁと思って2時間以上も「どの色にすべきか」検討していた時。サラッと「どうしてそんな邪魔になるもの買うのよ?どうせ移動するのに。」その時は「やぁねぇ〜、移動するかどうかなんてわからないじゃな〜い。(確かに私の答えにも一理ある!)移動する時、これぐらいは持って移動するわよ、ワタシ。」そのマリボール、もう私の手元にはありません。(笑)次の持ち主の方のところへ旅立って行きました。そんなもの。本当に人生そんなもの。(笑)

そして最後にバシャール。

「それが重たく感じるのはね、それがあなたの荷物じゃないからなんだよ」

た、確かに…!

www.kaekonakagawa.com

*今回は思いがけず長いポストになってしまいました。最後までお読みくださったみなさま、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

After Street Wisdom….

参加してきましたよ!Street Wisdom。

これは、ストリートから学ぼう!という姿勢のこと。簡単に、そしてハリウッド的に説明をすると…、何らかの理由で仕事を無くした人がいたとしましょう。Street Wisdomに参加してみました。歩いているうちに、あるポスターが目に留まりました。「We need you. 」それは「子どもたちはあなたから学びたがってます」みたいな、教師募集の広告(ちょっと前まで教師不足していたロンドンでは頻繁に見た)で、その時閃くわけです。「コレだ!先生になろう!そういえば小さい頃は先生になりたかったよな〜」みたいな。(笑)まぁ、こんな感じです。コレはあくまでハリウッド的に分かり易く脚色しているので実際とは違いますが、コンセプトはご理解頂けるかと思います。

実際のところ私が感じるのは、TEDのトークで主催者が紹介していた参加者の例をみても、みんなそれぞれ「自分が考えていたこと」を「ああ、やっぱりコレで正解だった」とばかりに確認しているということ。このポイントを押さえていれば、とっても気持ち良いアクティビティです。だって大小様々なシンクロニシティに巡り会えるわけですから!

さてさて、ソーホースクエアにある小屋の前で9時半に待ち合わせ。リーダー役を務めるニックはボランティア。全部で5人が集まりました。60代の男性Iと女性A、20代の女性Cとジェイミーに私。何となく、みんなそれぞれ岐路に立たされているまたは、変化を迎えているという必然。出会うべくして出会った感じです。最初に「ストリートにチューニングしよう!」ってことで、5分ずつ与えられたテーマに集中してエリアを散策します。ポイントは1人ですること。テーマは全部で3つありました。

  1. 気になる部分に集中して歩いてみる。
  2. いつもよりゆっくり歩く。
  3. ストーリーを見つける。

最初のテーマで、私が気になったのはガラス越しに見える建物の中。

シャンデリア、なんて長らく使っていない単語ですが…。
シャンデリアがぶら下がる部屋で何してるんだろうぅぅ?

他の人たちは、スクエアの回りの街灯にカラフルな鳩の飾りがあるのを発見したり、メモリアルを見つけたり…いろいろです。

このマリリンモンローの絵、気になったわぁ〜
このマリリンモンローの絵も気になったわぁ〜

5分ずつ歩いては集まってフィードバックを出し合います。2つ目のテーマの時は、深呼吸をしながらすご〜くダラリと歩いてリラックス。オープンになって来ているという印なので良い感じ〜。3つ目のテーマで歩いている時に、ガラスの映り込みが気になりました。この写真がその映り込みなのですが…。

ドルビーのオフィス。すぐ近くに築400年の教会があるのです。
ドルビーのオフィス。すぐ近くに築400年の教会があるのです。

窓に古いれんが造りの建物が映り込んでいるのが見えますか?ドルビーのオフィス内には、ホログラムのデコレーションとかもあってモダンでテクノロジーを感じる内装。そこに築400年の建物が重なる…。その時に、最近見たバシャールのビデオにあった「全て(過去も未来も)は今ここ(現在)にある」を思い出したのでそれをシェアしました。するとニックが「そうそう、結局それがこの活動の目的なんだよね。今を生きる。」なぁ〜るほどぉ〜♪

次回は、実際に質問の答えを求めて歩く1時間とその後のディスカッションについて書きますね。

www.kaekonakagawa.com
ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Street Wisdom, ーストリートで探す叡智ー

木曜日、Street Wisdomというイベントに参加します。誘ってくれたのは、以前紹介したこともあるアーティストのジェイミー

「きっとカエコ興味あると思ったのよ。」

これ以上は無いと思われるタイミングで誘ってくれました。週末から再び、内なる旅モードでいろいろな記事を読んだりビデオを見たりしていた私です。たまたまフェイスブックで目に留まった記事に添付されていたバシャールのビデオで、「全ては今ここにある」というのが頭をヒットして、くらくらしていたところでした。これについては、アメブロに書いておりますのでこちらをご覧ください。

さて、話をこのイベントに戻しましょう。Street Wisdomはアーティスト兼ビジネスマンのデイビッド・パールがやり始めた活動。ストリート(道)から学ぼうという姿勢のことです。TEDの彼のスピーチが分かり易いです。英語ですが良かったらご覧ください。喋り方からもそのエネルギーが伝わってきます。

スピーチで彼は、ストリートの持つエネルギーにチューニングすることによって自分の質問に対する答えが返って来ると言ってます。私はこのごろよく「答えは自分の中にあると感じる」と書いてますが、これも結局はそういうことなんですよね。質問に対する答えは既に私たちの中にあるけれど、普段私たちがアクセスしないエリアにあるわけです。だからStreet Wisdomでは、町を歩く時にオープンなメンタリティになることによって色んなソース(源)からその答えを見つけようということなんです。その答えをピックアップするのは自分です。つまり、常に私たちは宇宙から送られて来るサインに囲まれて暮らしている、だけど気付かないことの方が多い。それは、私たちが常にA地点からB地点まで「いかに興味深いルートを選ぶか」よりも「いかに速く目的地へつけるか」を重視しているからなのです。

さて、どんなイベントになるでしょうか。私は何を見つけてくるのでしょうか。また報告しますね!

www.kaekonakagawa.com

意外と寒かったマドリッド。
ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

アレルギーの季節

5、6月、ロンドンを留守にするため、断捨離に一層拍車がかかっております。

そんなわけで、家の中が埃だらけになりクシャミが出ます。エモーションコード&ボディーコードに出会う前の私なら、アレルギーの薬をすぐに飲んでいました。花粉のシーズンともなると、「一日一錠」のアノ薬が手放せず、無いと不安に陥るという程、依存していました。何しろ、アレルギーの症状って酷いと肌荒れだって起こすから大変。それがエモーションコード&ボディーコードを始めて、パタリと薬を飲まなくなりました。ちなみに、イギリスで買っていた眠くならないアレルギーの錠剤のパッケージには、「1週間服用しても症状が良くならなければGP(主治医)の診察を受けましょう」と小さい字で書かれていました。ま、イギリスの医療事情もあるのですが、一番リスクが低いとされる30代40代はアレルギーぐらいで主治医とアポが取りにくい…ということもあって、私は数ヶ月連続服用していた時期もありましたし、シーズン中は公園を歩いただけで疲弊し涙と鼻水が止まらなかった私です。それが今は、アレルギーフリー、錠剤フリー。

先週突然春めいたロンドンで、思わず花束を買ったら「ドッカーン!」とアレルギー症状が出てきた時もボディーコードで調整しました。余談ですが、全てのモノがおそろしく高いロンドンで唯一「安い」と思うのがパンと、そして花です。スーパーでもかわいい花束を売ってて手頃で長持ちします。
さて、話を戻して…。ボディーコードには「アレルギー」という項目があります。その中で取り扱う身体に表れるアレルギー反応では、アレルギーを、その他のボディーコードで扱う「ネガティブなエネルギー」と同じように負のエネルギーとして認識しています。つまり、私たち自身のエネルギーが何らかの理由で変わったため、アレルゲンと呼ばれるアレルギーの対象に反応するようになるというわけです。私たちのエネルギーがバランスよく整っていれば、そのアレルゲンには反応しなかったわけですから、自分のエネルギーのバランスが崩れた原因を探し出して元に戻せば、身体が自然に回復するというわけです。やっぱり、いつも答えは自分の中にあるというわけですね。

ちなみにアレルギーの症状として、かゆいなどの皮膚の症状と鼻水などの症状があげられますが、Dr.ネルソン曰く一番ありがちな症状とはエネルギーのロス、つまり疲れるまたは疲れやすくなることなのだそうです。私の場合、例の花束のアレルギーはいろいろな原因で私自身のエネルギーバランスが崩れていることがわかりました。その崩れたエネルギーのバランスが花束の中に入っていたバラに反応していたのでした。全てリリースしてバランスを戻したら翌日には納まっていました。

花粉のシーズンはロンドンの公園が一番美しい季節でもあります。できれば鼻水フリーで楽しみたいですよね!

ケンジントンパレスの庭も花がきれい!
ケンジントンパレスの庭も花がきれい!

 

www.kaekonakagawa.com
 
 
 

ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ちょっと回想、元モデルのJ

ポーツマスで出会った魔女、2人目は元モデルのJ。

Jは、スウィンギングロンドンを代表するモデル、ジーン・シュリンプトン似の美人。(だからJと呼ぶことにした次第。)ロンドンの高級住宅街マズウェルヒルに持ってた家の写真を私に見せながら、ロンドンを懐かしがっていました。癌を患って治療に専念すべく、故郷のポーツマスに戻って来たのだけど、すご〜く素敵な「お姉さん」風のある人。

この写真、すごくJに似てる。
この写真、すごくJに似てる。

そんな彼女が「息子がガールフレンドと遊びにくるから、カエコもランチに来なさいよ」と誘ってくれました。

「こんなに美人なお母さんなんだから、息子はきっとすんごいハンサムに違いない!そんでもってそのガールフレンドなんだからそりゃあもうすごい美人なはず!!」と高まる期待。でもJの口ぶりだと、彼女はガールフレンドを認めていない様子。ま、母親が息子のガールフレンドに、父親が娘のボーイフレンドに厳しい目になるのは当たり前…ぐらいに思っていました。

ランチ当日。Jの息子はハンサムというより「美しい」人。

ここまでは期待通り。でもその彼女が…。イギリスの女性…っつっても千差万別だけど、一般的な私の頭にあるイケてないイギリスで目にする女性像、「どすこい系」の代表みたいな人だった!(笑)飲み過ぎまたは食べ過ぎでたるんだ腹と背中に、それを隠さない肌見せファッション。ジーンズのウエストラインからせり出す腹…(笑)喋り始めれば「アタシぃ〜」で始まるマイワールド。恐らく、お酒、脂っこい食事、糖分取り過ぎのせいだと今は思うけれど、赤ら顔で脂ぎった顔。なぜ!?これはバランス取れてると理解すべき?!

Jが何か話すと、それに対抗するような意見を出す。別に競わない場面で競う。そしてひがみっぽい。トランプでゲームとかやってる感じ。「うおりゃぁ!これでどうじゃい!」とばかりにカードをぱんっと出す、みたいな。すごかった。よくよく考えてみれば、Jは「姉御肌」なタイプだから、気が合えば息子の彼女だって可愛がるに違いない。きっと娘もほしかっただろうし。だからすご〜く不思議でした。息子はひょっとしたら、お母さんに反抗してたのかも?!私にいろいろアドバイスをするJに向かって息子が「お母さん、ほっといてあげなよ〜。彼女の好きにすりゃぁ良いんだから!」と言ってたから。

みんな元気かしら?

www.kaekonakagawa.com

—————————お知らせーーーーーーーーーーーーーー

5月、6月一杯、ロンドンを不在にするため、私のフラットに代わりに住んでくださる方を探しています。家賃等詳細はこちらに載せていますので興味のある方はご覧ください。

 
 
 

ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ちょっと回想、ーポーツマスのスタジオー

ちょっと回想しています。

きっかけは断捨離をしている時に、当時の作品や開いた展覧会のパンフレットが出てきたからだと思います。

気前よく作ってくださったパンフレット。
気前よく作ってくださったパンフレット。

私にとって当時のポーツマスを象徴するのは、制作をしていたスタジオの隣にあったパブのランドロード。ちなみにスタジオがあったマイルエンドチャペルは、その名の通り「外れにある教会」でした。とても広くて素敵な空間だったけれど、寂れてるエリア。そこにあるパブだから、クライアントさんも一筋縄じゃいかなさそうなローカル多数。そしてそんなパブでランドロードが務まるのは…。このランドロード、顔に斜めにキズがあったんです。ちょっとした切り傷じゃなくて対角線状に顔を横断してるんです、キズが。酔っぱらったクライアントにビール瓶で殴られたという噂がまことしやかに囁かれていました。本当のところは不明だけど、十分有り得ると思った次第でした。

 

 

ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ちょっと回想 ーポーツマス、2000年ー

2000年から約1年住んでいたポーツマスについて書いてます。

3人の魔女たちと出会ったポーツマスという町は、海軍の町。ちょっとコンサバな部分もあります。私は、ゴールドスミスカレッジで修士を取った後、イギリスに残りたくてあらゆるルートで方法を探していました。その一つがレジデントアーティストとして残ること。何せ、イギリスに残るためにはビザが必要。でもこれ以上勉強するのはちょっと…と思っていたのです。

ポーツマス近郊のハヴァントという町にあるアートセンターで開いた個展について地元紙から取材を。
ポーツマス近郊のハヴァントという町にあるアートセンターで開いた個展について地元紙から取材を。

そんな私の作品を認めてくれたのが、アートスペースポーツマスでした。今は運営者も代わり、所属作家も大分変わったようですが、私が応募した時にこの団体を運営していたMはもう引退しましたが、今もコンタクトを取り続けてます。当時、こちらのアートスペースに登録をしていた作家たちは、いわゆる「ヒッピー」的なアーティストが多かったです。

ポーツマスは今、大学もキレイにしてアウトレットモールもある、ちょっと洗練されたポートタウン…って感じですが、私が移住したころはすご〜く暗い町だったのです。最初に面接に伺った時に、「ここに住めるのか」という一抹の不安はあったけれど、私はイギリスに残りたいという思いが勝っていたので引っ越しました。

不思議なもので、その時々で助けてくれる人っていうのは必ずいて、引っ越しも車をレンタカーして助けてくれたのはフラットメイトでした。ここでシェアハウスを探している時に、フィンランド人のマイヤとも出会いました。

本当に人との出会いって不思議…。

 
ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村